CDとパソコン

実印の作成

簡単にできるようになりました

実印ははんこうのなかでも、一番重要なものとされています。実印は、印鑑登録を必要として、法律的にも関係する場合があるのです。だから、銀行印や認印とは別のものを作る必要があるのです。そして、手彫りなどでつくってもらうことで、世界にひとつだけの自分だけの実印をもつことになるのです。 実印はいままでは、はんこうやさんなどで、ほってもらうことで作る方法が主でした。しかしいまではインターネットでも簡単に注文できるお店が増えています。24時間年中無休で、注文をうけているお店もあり、早ければ翌日に配送もしてくれるのです。 また、家族分をつくったり、複数を注文すると割引してくれるところもあります。そして、万が一出来上がりに不満があれば返品できるお店もあるのです。

慎重に選ぶことも必要です

実印は、急に使うこともあり、急いで作る必要がある場合もあります。実印は、一時的に使うものではなく、長い間使うひとがほとんどです。あせってつくるあまり、気に入ったものが作れない場合もあるので、時間があるときに、余裕をもってつくることをおすすめします。 実印は、値段も安いものから高いものまでさまざまです。これは、素材によって違うのです。高価なものは、象牙でできているのです。象牙でできたものは、丈夫で長持ちするといわれています。長く、印鑑なので、丈夫であることは必須です。使ってして、途中でかけてしまったりすると、あとの処理が面倒になるのです。 そのほかにも、黒水牛や、琥珀、チタンなどさまざまな素材があります。素材によって朱肉の乗り具合にも差がでてくるのもポイントとなります。