CDとパソコン

便利な勤怠管理システム

勤怠管理システムとそのトレンドについて

企業では様々なシステムが導入されているが、それらの1つとして勤怠管理システムがある。勤怠管理では、以前は帳簿に記入したりタイムカードを利用することが一般的であった。 しかし、最近では多くの企業でシステム化が進められており、勤怠管理をシステムで行うことが一般的となっている。これらのシステムでは、従業員が出社と退社時間をコンピューター上で入力するものや、セキュリティーカードと連動し入り口でカードを達しすると記録されるものなどある。 また、以前では勤怠管理システムを導入する場合には、自社でシステムを開発したり、アプリケーションを購入し社内に設置したサーバー上で稼働させるものが主流であった。しかし、最近ではクラウドサービスを活用する方法が増えてきている。

クラウドサービスとその利用について

勤怠管理システムを導入する場合には、いくつかの方法があるが、最近利用が増えてきているものとしてクラウドサービスの活用がある。 これまでは、勤怠管理システムを導入する場合、サーバーを用意したり、社員の端末にソフトをインストールするなど手間となるケースが多かった。社内でサーバーを導入し、システムを稼働させる場合にはサーバー自体をメンテナンスしたり、アプリケーションの更新をするなど、維持費が必要となっていた。 これに対し、クラウドサービスの利用では、業者が運営するサーバーにブラウザからアクセスすることで利用でき、自社で保守などをする必要がなくなる。また、サーバーの購入の必要もなく利用できるため、初期費用も抑えて導入できる。